がんに効果のある放射線治療|副作用が少なく済む

女医

高齢化の進展

女医と患者

世田谷区は東京23区で一番人口が多く、高齢化の進捗も顕著になっています。高齢化の進捗によって医療や福祉に関わる費用が増大しており、医療機関の役割分担の明確化による診療費用の削減が必要です。地域の診療所が住民の在宅医療を行うことで最適な措置を最適な費用で行うことが出来ます。

Read

腹腔鏡と鼠径部切開

手術室

鼠径ヘルニアの治療法はいくつかありますので、自分にあった治療を受ける為に、早めに受診してみると良さそうです。鼠径ヘルニアの専門病院もあるようです。再発も稀にある鼠径ヘルニアですので、それを防げるように、ネットで手術実績の多い病院や経験豊富な医師を選ぶのが大切になりそうです。

Read

副作用が少ない治療

家族

免疫療法は患者自身の免疫細胞を増やしたりと言った方法をとることにより、体に負担をかけず改善を目指す治療方法です。これは大きな副作用も見られず、安全な治療法と言えるのではないでしょうか。自分の力で病気を克服できるなら、これほど嬉しい事はないでしょう。

Read

治療内容を知ろう

白衣

がん治療は未だ研究段階であり、様々な新しい治療法が研究されていますが、現状で特に有効とされているのは3つの治療法です。一つ目は人の手によって直接腫瘍を取り除く手術療法、二つ目はがん細胞に有効な薬物を体内に注入する化学療法、そして三つ目の治療法が放射線治療です。放射線治療は正常な細胞とがん細胞とでは放射線に対する耐久力に差がある事を利用した治療法です。この放射線治療は手術による治療や化学療法と比べると副作用や身体に対する負担が少ないのが特徴です。手術や化学療法の場合は入院が必須ですが、放射線治療は多少の副作用があるものの、基本的には自宅から通院しながら治療を受けることが可能です。副作用が少ないため、高齢者も比較的受けやすい治療法です。

このように体に負担が少ない放射線治療ではありますが、課題点もあります。それは放射線が正常な細胞にも少なからずダメージを与えるというものです。放射線を当てた部分はたとえ正常な細胞であっても何らかの被害は受けてしまいます。その為、放射線治療の研究においてはいかに放射線を腫瘍部分だけに当てるかという工夫がなされてきました。放射線治療の新しい形であるガンマナイフは、放射線の照射部分を極限まで絞ることによって腫瘍にだけ放射線を当てることが可能です。また、放射線治療の最新の形である重粒子線治療では、腫瘍部分に当てる時に熱量を最大出力にすることが可能です。これによって正常な細胞に対するダメージは最小限に抑えることが出来るようになりました。